料理中のヒヤッと経験

現在2歳の娘が1歳前後でしっかり自分の足で歩けるようになったころのお話です。
歩けることが嬉しいのか、私が夕飯の支度をしている時などはよく私の近くを歩き回っていました。うちは家の造り的にゲートなどの子供の進入を防ぐものをおくことができず、常に子供は家の中を野放し状態でした。

その日もいつもの通りに野菜などを包丁で刻み、ほんの少しの間その場を離れました。そして再びキッチンの方を向くと、なんと娘が包丁を持って立っていたのです。ヒヤリどころか頭が真っ白になってしまうくらい、びっくりしました。

幸い、包丁の柄の方をもっていてすぐに取り上げたので娘にけがはありませんでしたが、自分の不注意で娘に大けがや、最悪の場合命にかかわるようなことが起きてしまっていたかもしれないととても反省しました。

それまではまだまだ娘も小さいと思い、そんなこと考えもしなかったのですが、炊事場の高さが意外にも娘がちょっと手を伸ばせば届く高さだったのです。それに包丁を使ったあとにそのまま縦向きに包丁を置いた状態にしていると手に取りやすくもなります。
自分で歩けることが楽しいのと同時に何にでも興味を持つようになり、特に親が触っているものには触りたがります。当たり前ですが、幼い子供はそれがどんなに危険なものかも知る由もないですし、周りの大人が気を付けてあげるしかありません。

私はその一件があってからは、できるだけ家族がいて子供の相手をしてもらえる時に料理をしたり、それが難しい時は包丁を使ったあとはすぐに洗ってしまうようにしたり、料理の合間などではできるだけ子供の手の届かない炊事場の奥のほうに、自分から見て横向きに置くようにしています。

キッチン用品でも、幼い子供にとっては危ないものも結構あります。キッチン用品をしまう場所はできるだけ子供の手の届かない場所にしたり、料理中に子供が触りたがる時は子供用のおもちゃのキッチン用品で遊ばせたりして子供の興味を違うほうへ向けるように心がけています。

夕方過ぎのドキッとした事

いつものように夕飯の準備をしていた時の事です。当時上の子は小学校2年生で、リビングの部屋でゲームをしたりテレビを見たりしていました。

下の子も同じ部屋でおもちゃで遊んでいました。二人とも普通に楽しそうに笑ったり話したりしながら遊んでいたので、私も急いで夕飯を作ってしまおうと料理に集中していました。時々子供の様子を見ながらでしたが、特に心配する感じでもありませんでした。

ちょうど時間にして、夕方の6時近かったと思います。もう少しで出来上がるという頃、下の子が私のところに来ました。「ママ、おはなのたまがとれないよ」といって私の方を見上げました。「エー!!!!!!」第一声はただただびっくりの一言でした。なんと下の娘の花に子供が使いやすいようにできた大きいビーズが片方の鼻にすっぽりと入っていたのです。

まだ特別上の方ではありませんでしたが、穴の中に完全に入ってしまっていました。慌てて時計を確認するとちょうど6時を少し過ぎた頃でした。たいていの病院は午後の診療が6時か6時半くらいまでにはおわっているので、一瞬頭が呆然としました。(どうしよう)とにかく慌てて、気持ちが動揺しました。

病院は間に合わないから救急に行った方がいいのか、とにかく一瞬にしていろんなことが頭に浮かび心臓がドキドキしました。

とにかく私が落ち着かなきゃと思い深呼吸をしながら何か良い考えがないか必死で考えました。とりあえず自分で鼻の中のたまをどうにか出せないか考えました。

穴の方から細い棒か何かで出すことも考えましたが、それだとかえって奥に押し込んでしまうかもしれないし、子供が動いたら棒が刺さってしまって危ないし、上から押してみる事にしました。とにかく座って子供になるべく動かないように伝え、ゆっくりゆっくり上からなでるように下へ向かって指で押してみました。

最初はあまり動かず無理かなぁ…と焦りましたが、とにかく少しずつ少しずつ上から指でなでるように押しました。すると大分下の方に動いてきたので、反対側の鼻をふさいでゆっくり鼻をかむように息を鼻から出すようにさせました。

すると、スポンとビーズが鼻から飛び出てきました。「あーでた!」「よかったー」「あーびっくりした」とにかく安堵しました。

何とか救急病院へも行かずに対処できたことにとにかくほっとしました。この話は今では笑い話として話す事がありますが、とにかく小さい子は小さいものを口に入れたり、鼻に入れたり、目が離せない事を痛感しました。ヒヤッと体験でした。

SOSを送れない

赤ちゃんの事故で番見つけにくいは、寝ているときの事故です。
起きているときに何か痛い、苦しい、かゆいなどの異変があれば赤ちゃんは泣くことができますが、寝ている間だとそうはいかないことが多いです。

まずは、赤ちゃんの睡眠中の窒息を予防する必要があります。赤ちゃんの寝ている環境は大丈夫でしょうか。赤ちゃんの周りやベッド柵に授乳に使ったタオルやガーゼ、乳房を消毒するコットンなどがないか、毎回確認します。

ぬいぐるみなども危険です。何かの拍子に赤ちゃんの顔に倒れ掛かってくると、赤ちゃんは自分でそれをよける事ができません。
ついつい、お祝いなどでもらったぬいぐるみが可愛くて、赤ちゃんのベッドに一緒においてしまう人が多いようです。赤ちゃんの部屋に洗濯物などを干していないでしょうか。

赤ちゃんの上に落ちてきては大変です。また、赤ちゃん用のマットレス(ベビー布団)寝かせ、大人用のふかふかの布団やソファの上で寝かせないようにします。また、寝がえりができるようになるまでは、うつぶせ寝は避けましょう。

次に、打撲・転倒などの怪我予防です。赤ちゃんは気がつかないうちに寝がえりができるようになります。(座ったり、はいはいできるようになったりのも同様です。)ベッド柵に手をはさんだり、頭を打ったりすることがないように、ベッドの下の方へ寝かせるようにします。

寝ている周りには、落下する危険のあるものがないか、小物、写真立て、額縁、カレンダー、押しピンなども取り除きます。上の年の兄姉が興味本位で赤ちゃんに対して危険な行為をしないか、また新たにペットを飼うのは感染症対策、アレルギー対策としてもお薦めできません。

もう既にペットがいる場合は、部屋を分けるなどの工夫が必要です。これだけ気をつけていても毎年発症してしまうのが、乳幼児突然死症候群(SIDS)です。

この名前だけを聞くと何か特殊な病気のようにも思われがちなのですが、元気な赤ちゃんが原因不明で睡眠中に亡くなってしまうことをいいます。

原因不明ですが、前述の窒息を予防する「うつぶせ寝」をさけ、母は妊娠中から禁煙をし、周囲にも協力をよびかけます。また、なるべく母乳で育てることが、免疫力も高めることによりSIDSの発症リスクを下げるとされています。
しかし、原因不明ですので、赤ちゃんが睡眠しているとき、5~10分起きには呼吸を確認するなど万全の注意で赤ちゃんの事故を予防しましょう。

赤ちゃんの事故対策

赤ちゃんって何を考えているかわからないですよね。
大人が思っている以上に以外な行動をする赤ちゃん。
思いもしない物が大きな事故に繋がる場合があります。

赤ちゃんの身の回りに危険はいっぱいです。

毎日するものでいけば、お箸やフォーク、お風呂に歯磨き、耳掃除。
大人からすれば、なんの問題もない、毎日することですよね。
赤ちゃんは違います。

お風呂に入るのも誰かと一緒じゃないとちょっとした事で溺れたり水の事故につながってしまいます。

次に打撲。
赤ちゃんの打撲な気がつかないきについてしまったり、転けただけで血が流れたりと大変です
お箸やフォークは赤ちゃん本人で持ってたべるまだしも、フォークを持って歩きまわるこたがあるので、注意が必要です。

お箸も、同じで持って口の奥にいれすぎたり、持って歩いて転けて刺さったり…注意が必要な点はたくさんあります。

歯磨きにも同じことが言えます。
歯磨きを座ってすることはまだまだ難しいです。
座って磨けるのは小学校くらいからだと思ってください。
まずは手に持って遊びます。
遊ぶのに飽きたら噛みます。
噛むのに飽きたら持って歩き回ります。
手に持っていればいいのですが、口に加えたまま歩いたりするので、目が離せません。

口に入れると言えば、なんでも口にいれます。
コンセントのプラグなども舐めますので感電など、充分に気を付けなければなりません。
ボタン電池などの電池関係は胃にはいると胃を溶かしてしまうので、電池交換など、電池を置いたままにしたり、簡単に電池が取り出せるものについてはテープでとめるなどという補助をしたほうがよいかと思います。

目にするもの全てに興味がある時期ですので、やめさせるのではなく、危なくないようにするにはどうしたらいいかを想定しながら遊んであげると赤ちゃんの視野も広がるし、何度もやっていたら、ダメなこともわかってくるので、根気強く見守ることも大切だと思います。

赤ちゃんにとって安全な遊びとかはないと思うので、目を離さず見守る事が一番の防止になるのではないでしょうか。

気を付けなければならない事

初めての子育てって分からないことばかりで、何もかも手探り状態ですよね。赤ちゃんを育てていくうえで、大人は普段気にもならないようなことが、赤ちゃんにとっては思わぬ大事故に繋がってしまう可能性があります。

まず私が気をつけていることは、ベランダに高さのあるものを置かないことです。

ベランダにはよくゴミ箱とか置いてある家庭がありますよね。赤ちゃんは何にでも興味津々なので、つたい歩きが出来るようになる頃には、少しの段差なら登ってしまいます。そこにゴミ箱とか段差のあるものがあれば、登ってしまうこと間違いありません。

マンションに住んでいる方は特にベランダにゴミ箱を置いてしまっていると思います。お母さんがベランダに出て洗濯物を干しているときに、赤ちゃんが後追いでベランダにやって来るかもしれません。そうすると、そこに高さのあるゴミ箱があれば、間違いなく登ってしまうと思います。
赤ちゃんがゴミ箱によじ登り、柵に手をかけて下を見れば、赤ちゃんは頭が重いので、そのまま落下してしまうかもしれません。

そうなる前に赤ちゃんから目を離さないことは当たり前ですが、まずベランダに高さのあるものを置かない方がいいと思います。私はこのことは、とても気をつけています。以前、ニュースでこのような事件を見て、本当にヒヤッとしました。

もう1つ気をつけていることは、キッチンには入らせないようにすることです。私たちが見ていない隙に、赤ちゃんが何もわからず包丁の入っている引き出しを開けてしまったら…と考えただけで恐ろしいです。

我が家はキッチンには入らせないようにはしていますが、万が一入ってしまったときのことを考えて、安全ロックをつけています。今では100円ショップなどでも売っていますので、気軽に手に入れることができます。

赤ちゃんは大人が考えつかないようなこと、特に気にもしていないことに興味を持ちますので、赤ちゃんがいるご家庭では、今まで以上に色んな所に気を配らなければいけないと思います。

危険事は動けるようになってから起きやすい

赤ちゃんの事故は、ハイハイやヨチヨチ歩きなど自身で身動きができるようになってからリスクが高くなります。

つかまり立ちをしては、その机などにあるものを口に入れてしまったりするので、なるべく視界に入るところや、手の届く位置には危険なものは置かないようにするのは必須です。また家電製品でも扇風機や掃除機など、赤ちゃんは動くものや音のするものにとても興味を持つので危険です。

そういった家電を扱う時は大事な赤ちゃんから目を離さないようにするか、歩行器やゲートの中で遊ばせておくと良いです。

ベランダや階段にも危険があるので、柵など赤ちゃんが1人で出てしまわないようにする事も大事です。あとはご飯を食べさせている時も、赤ちゃんの様子を見ながら、ゆっくりペースを合わせて食べさせたり、細かくして食べやすく、流れやすくする気遣いも大切です。大人と違って赤ちゃんは口にたくさん含む事もできなければ、飲み込むまでもとても長いものです。

寝ている時も一緒に川の字で寝る家庭もありますが、人は寝ている間寝返りをよくうちますので、赤ちゃんにもたれたりしてしまわないように、本来は1歳こえるまではベビーベッドなどに寝かせるのがオススメです。

添い寝してあげる事はできませんが、赤ちゃんはお母さんの匂いを感じる事ができればちゃんと寝てくれますので、寝付くまで抱っこなどしてあげて、寝付いたらそっとベビーベッドに寝かせてあげると良いですね。

身動きが活発に取れるようになると、ベビーベッドのゲートさえ乗り越えようとして転倒する恐れもあるため、赤ちゃんが熟睡する時間帯やついててあげられる時以外はベビーベッドなどで遊ばせたりしない方が良いでしょう。

赤ちゃんは危険な事とかも気づけないので、大人が細かいところまで配慮して気遣い、未然に防ぐ事が大事。

そして大人が想像できないような事をするのが赤ちゃんであり、好奇心も旺盛なので、つきっきりになるのは難しい事ですが、目を離してしまう時間帯がある時は、なるべく自分のそばにゲートをはったり、移動させたり、ベビーカーも軽量のものであれば、洗濯中なども乗せて干場で一緒にいたりすると安心ですので、赤ちゃんが楽しめて窮屈感を感じない程度の物を利用して赤ちゃんを保護すると、家事も子育てもスムーズになります。

誤飲は親の責任??

赤ちゃん、といえば何でも拾い食いをしてしまうイメージです。が、そうではない子どももいますよね。なぜでしょう。。
これはうちの場合だけかもしれないですが、うちは離乳食の時から少々落ちたやつでも子どもの前で食べさせ、テーブルに座って落ちたやつでも固形のものは特に落ちたものは拾って食べていました。いわゆる3秒ルールというものです。

そうすると、うちの子どもはハイハイの時期からよくゴミとか埃とかを見つけて口に入れていました。その時はまだ気づかなくて、赤ちゃんのよくある行動だと思っていました。。
でも、1歳になり、2歳になってもなかなか拾い食いが治らず。。しまいには娘が幼稚園選びの時期になり、その際に行った幼稚園の園庭でまさかの人が落としていったポップコーンを拾い食いしてしまうという、まさかの事態に!!

私は愕然として、その原因を一生懸命考えました。周りのママ友との話からやはり拾い食いは2歳前後、長くても今の時期には治ってるはずだと。。思い返せば最初にやってしまった親の無知によるもったいないという思いからの落ちたものの拾い食い!

原因はまさしくそれだと思います。幸い、娘が食べたものが薬とか電池とかではなく、埃とかごみだったので大事には至ったことはありませんが、もし油断して下に落としていたものが有害なものだったと考えたらゾッとします。

食べ物を粗末にしたくないし、落ちたものをすぐに捨てるのを娘の前で見せて、粗末にするような人間に育てたくない!そんな思いでしていた子育てが、娘に変な癖をつけてしまいました。赤ちゃんの死因の3大原因の中に入っている誤飲。

もしかしたら親のちょっとした心がけひとつで防げていたかもしれません。落ちたものは何であっても絶対口に入れない!!それが食べ物であっても、もったいなくても!その姿勢を赤ちゃんのうちから見せておけば防げる事故は増えていくのだと思います。まだ分からないから大丈夫だという油断は禁物です。

親の無知は子どもを病気にしてしまう。。知り合いから学んだ言葉です。参考までに心に留めておいてもらえれば幸いです。

赤ちゃんとピアス

赤ちゃんの事故といえば、様々な事が思い浮かばれます。
転落・転倒といったケガにつながる事故、子ども同士のささいな関わりから生じるトラブル、何でも手にって口に入れる誤嚥などなど・・・
どんなに気をつけていても、日常生活の中には事故となりうる原因がたくさんあります。
そんな中でも、ヒヤッとした経験をお話します。
赤ちゃんがいて子育て中でも、おしゃれは楽しみたいと思うママさんたちも多いでしょう。
授乳する期間など、着られる服が限られる間でも、アクセサリーで自分らしいおしゃれを楽しみたいものです。
お気に入りのピアスを毎日身に付けている、というママさんもいるかもしれません。
このピアスのキラキラが、実は赤ちゃんは大好きなのかもしれません。
赤ちゃんがいる時によく付けていた、ゴールドの小さな輪っかのピアスがありました。
気に入っていたのでほぼ毎日といっていいほど付けていたのですが、赤ちゃんをだっこしている時にじーっと私の顔を見つめる赤ちゃん。とてもニコニコしていて、どうしたのかなぁ?と思ったその時、思いがけない事が起こったのです。
赤ちゃんが、ひょいと手を伸ばしてピアスに手を触れてきました。と同時に満面の微笑みで、思いっきり引っ張ったのです。

あっという間の出来事でした。それがまた、驚くやら痛いやら・・・でも痛い方が大きかったと思います。
当時4ヶ月くらいでしたが、ピアスにかなりの力がかかって、耳たぶがちぎれるかと思いました。
そして一番恐ろしかったのが、あまりの痛さで、赤ちゃんを落としそうになった事です。
自分が痛い思いをするよりも、その事で我が子に危険が及ぶかもしれないと感じた出来事です。
その後もあとひとつ、ピアスでヒヤッとした事があります。
輪っかのピアスは危険だと思い、赤ちゃんの手に取れない飾りが小さいピアスを付けていました。
ある日、赤ちゃんを抱っこしながらソファーでウトウトして、ふと目が覚めると・・・
どうした事か片方のピアスが外れて、寝ている赤ちゃんの鼻の下にあったのです。
もう少し落ちる場所がずれていたら、鼻の穴や口の中に入っていたかと思うと、一気にゾッとしました。

どうしてピアスが外れたのかは分かりませんが、そうやって気がつかないうちにも事故につながる危険が潜んでいるんだと、改めて感じたのです。
我が子や、赤ちゃんを守るのはオトナの責任です。
かといって気をつけすぎて神経質になってしまっては、せっかくの子育ても楽しくなくなり疲れてしまいます。
楽しみながら、でも赤ちゃんが生活する環境には危険がいっぱい、と知っている事が大切なんだと自らの経験から学ぶ事ができました。

家で気をつけたい事

【1.チャイルドシート、シートベルトは絶対】
今は赤ちゃんをのせる際はチャイルドシートの着用が義務化されているので無いとは思いますが「少しの距離だから」「田舎だし大丈夫」「子供がシートベルト嫌がるのよね」のような理由でしない方。
もしも事故にあった場合首や顔を強打したり、手で持っていても事故の衝撃で離してしまい赤ちゃんが車の窓を突き破り車外に放り出されるなど命に関わる悲惨な事故につながる事もあるようです

【2.テーブルの角など過度にはクッションを】
つかまり立ち、歩き始めた赤ちゃんはよくテーブルの角などに顔をぶつけたりしやすいので気をつけたいところです。当たりどころが悪いと切れてしまったり打撲などで大きな怪我にも繋がる可能性があり気をつけたいですね

【3.手の届く場所に赤ちゃんの口に入ってはならないものは置かない】
赤ちゃんの成長過程で何でも口に入れて確認しだす時期があり、例えば喫煙者の方。タバコの吸い殻などは赤ちゃんの口に入ると有害ですので絶対に赤ちゃんの手の届くところには置かないようにしましょう。

またボタン、ビー玉、など口に入りやすそうな物や小さな玩具なども喉に詰まったりすることがあるのでそのような飲み込みやすいものにも注意が必要です。もし赤ちゃんが誤って口に入れてしまった場合は逆さにして背中を叩きすぐに吐き出させるなどの吐き出させる処置が必要です。またそれでも難しい場合は病院にすぐ行きましょう。

【4.外を歩く時は手をつないで歩くようにしましょう】
子供の行動はたまに予測不能な急速な行動であったりするので、もしかしたら何かを追いかけたり、意味もなく車を確認せずに道路に飛び出すなどもあるかもしれません。

なので交通量の多い道路の近くなどでは特に目は離さないでもしそういう場所の近くを一緒に歩く際は歩道側に子供を歩かせて道路側を自分に、しっかりと解かれないよう手をつないで急な飛び出しをできないようにしましょう。

ベビーベッドでの焦り

我が家には、2歳の男の子がいます。この子がまだ2ヶ月の頃のことです。まだ首もすわっておらず、寝返りもできない息子を、いつも通り仰向けでベビーベッドに寝かせていました。ぐっすり眠っていたので、私は息子が見えない位置で家事をしていると…ドスン「ギャー(大泣き)」という、にぶい音と息子が大泣きする声が聞こえました。

「え!?」と思いかけよると、寝返りができないはずの息子が、ベビーベッドからうつ伏せに落ちていました。幸い、ベビーベッドの高さが低かったことや、下が畳で敷物を敷いていたので衝撃がやわらいだこと、私もすぐ見に行ける位置にいたことなどで、大きなけがも後遺症もなくすみましたが…約2年経つ今でも、怖いと思う出来事です。

私は、このことから反省し、その後は赤ちゃんの事故防止に神経質なくらい気をつかうようになりました。「(大丈夫)だろう」ではなく、「(事故が起こる)かもしれない」と、危ないことはすべて事前にガードをしておくように…などしました。

この事故で言うと、「息子は寝返りしないから、ベビーベッドの柵を開けておいても良いだろう」「寝ているから目を離しても良いだろう」と、自分の認識が甘かったことを反省します。

ベビーベッドの柵を開けておいた方が、頻繁なオムツ替えや授乳の際に便利なのは間違いありません。しかし、転落して大事な命を落としたり、大怪我や障がいなどの後遺症が出てからでは遅いです。
また、もし転落していなくても、何らかの理由で寝返りのようなことをしたら(今回も、結局どうなって落ちたのかわからないのですが)、うつぶせ寝のまま戻れないということがあるかもしれません。

家事などで目を離している時に、赤ちゃんがうつ伏せのまま戻れないとすると…これも、窒息死(うつ伏せ死)など恐ろしい結果を招いたかもしれません。

幸いベッド周りにぬいぐるみや毛布などはありませんでしたが、可愛いからなどと、窒息の危険を増加させるものを置いておくのは良くないなと感じました。赤ちゃんは、どんな時も、一番安全な環境をつくってあげて、なおかつ目を離してはいけないなと思いました。